フランス料理

真鯛のポアレ 鱗仕立て

真鯛のポアレの上にアボガドのスライスを並べて鱗のようにしています。シェフのちょっとしたアレンジ。でも、そのちょっとしたことが嬉しいです(๑˃̵ᴗ˂̵)。

羊肉と季節野菜の煮込み

551蓬莱さんじゃないけど、メゾンムラタさんのパンがないと、シェフとの会話もちょっとしめりがち(^^ゞ。でも、ナヴァランが頑張ってくれました(^^)/。お料理の美味しさは、やっぱりやさしさで出来ているんだと実感します。

フルーツサラダの自家製アイスのせ

自家製ヴァニラアイスが美味しすぎて(๑˃̵ᴗ˂̵)、下に何が入っていたのか覚えていません^^;。写真を見る限り、ダイスカットしたリンゴ? @西宮 La petite

鴨胸肉ソテー ポルト酒ソース

ほんのり甘いポルト酒ソースとさっぱりめの鴨肉がとてもよく合っています(^^♪。付け合わせのズッキーニとともに品の良い甘さの競演🎶。さらに軽い塩味のお豆のピュレで変化をつけたら、なんだかウキウキしてきました(^o^)。 @西宮 La petite

コシナガマグロのサラダ仕立て

エディブルフラワーと野菜で見た目もお味も華やか(^。^)。コシナガマグロの切り身はちょっとカツオっぽい外観ですが、食べてみると美味〜なマグロさんでした(๑˃̵ᴗ˂̵)。

シャトー・ド・パランシェール ボルドー クレーレ

甘くない大人のロゼ。食事しながら楽しめます(^.^)。お値段手頃だし。@西宮 La petite

いちじくのコンポート

いちじくのジュレといちじくのコンポート。それから自家製ヴァニラアイス。どれも、甘すぎないから、素材のニュアンスが活きている(^^♪。センスがいい。@西宮 La petite

エスカルゴのブルゴーニュ風

熱々のエスカルゴバターはエスカルゴのみならずパンともすごく相性がいい(≧▽≦)。これのときはパンの食べ過ぎに注意しないと(^_^;)。

エイヒレの焦がしバター風味

Raie au Beurre ケッパーの酸味がいいアクセントになっていて食感も面白い一品。ミョウガみたいな味の金時草、蕪っぽい味のコールラビ、じゃがいも、と付け合わせも好み(^^♪。

ウサギと山ウドのテリーヌ

旨みいっぱいの涼しい風が口の中に吹いています。ちょこっとついているケッパーソースとの相性も抜群。(๑˃̵ᴗ˂̵)

レモンカスタードのデザート

レモンタルトになかなかいい顔をしない私にシェフが作ってくれたもの。たしかに、これのほうが食べやすい。ありがとう、美味しかった(๑˃̵ᴗ˂̵)。@西宮 La petite

うさぎのバロティーヌ

他のお客さんがオーダーしたウサギを少し分けてもらいました(^。^)。シェフとラパン。和みます🎶。@西宮 La petite

シャルキュトリー盛合せ

要するにハム、ソーセージ、パテの盛合せ。けっこうしょっぱいので、お酒のアテにするのがいいと思います。@西宮 ラ・プチット

イチゴのデザート

西宮のLa Petiteさんのデザートには、最近、イチゴがよく使われています。この日もイチゴづくし。左がイチゴのピュレ、右がイチゴのグラニテ、グラニテにはイチゴチップスが挿してある。味も色も綺麗(^.^)。

スズキのポワレ ソバージュ仕立て

この日の夜は、空模様もスズキのポワレもソバージュでした。付け合わせは、アスパラ、アスパラソバージュ、フヌイユを使っています。見た目は豪快ですが、お味は繊細でした(≧▽≦)。@西宮 La petite

サバの冷製白ワイン煮

フランス料理では盛り付けも大事。だから、お皿もシェフが盛り付けしやすいと思うものを選ぶらしい。でも今回は無理を言って、わたしのイメージに合うお皿に盛り付けてもらいました(^。^)。@西宮 La petite

淡路由良ウニのオマール仕立て

ウニをオマール海老でとったスープのジュレと和えて、カリフラワーのムースの上に載せてあります。磯の香りを感じる一品(^.^)。これも西宮のLa petiteさんでいただきました。

イチゴとパンナコッタのデザート

いつもながら西宮のLa Petiteさんです。このパンナコッタはミルク感が濃厚でわたしの好み(^^♪。味的にも、色的にもイチゴと相性がいいです。

イサキのブイヤベース

西宮のラ・プチットさんのアラカルトのブイヤベース。コースで出るのと比べると、ドーンとお魚が大きいです(^^)/。

初夏のガスパチョ ヤリイカ仕立て

夙川に近い阪急高架下のフランス家庭料理のお店「La Petite」の初夏のちょっと酸っぱい冷製スープ。去年も同じようなものが出ていたと思います。原色に近いオレンジが舌だけじゃなく目も喜ばせてくれます(^.^)。

猪肉のソーセージとロースト

これも西宮の「ラ・プチット」さんの1周年記念ディナーコースの中の一皿。猪肉の生ソーセージはアンチョビとかがダメな人だと、ちょっときついかも。わたしは全然だいじょうぶなので、美味しくいただきました(≧▽≦)。ローストに載っているモリーユ茸の存在感…

マンゴーのパルフェ

卵の黄身を使うと「アイス」ではなく「パルフェ」になるみたいです。こちらも西宮の「ラ・プチット」さんのデザートメニュー。シェフは、わたしと同じ酸っぱいモノ好き。パッションフルーツの酸味がいい感じです。

穴子と山ウドのテリーヌ

こちらも西宮の「ラ・プチット」さんの1周年記念ディナーの一品。爽やかなテリーヌと湿度感のある淡路ウニの組み合わせが日本の初夏の情景を想わせます。

真鯛のポワレ

夙川に近い阪急高架下のフランス家庭料理のお店「ラ・プチット」さんの1周年記念ディナーの1品(ほんとうは真鯛ではなく金目鯛ですが、この日は金目鯛がなくてこうなりました)。白ワインソースに取り囲まれたポワレの上には香りのよいサマートリュフ。付…