読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は、

今年最後の西宮での夕食はシマイロ・カフェさんのデミグラスソースのハンバーグセットにしました。 思えば、シマイロさんで、はじめて食べた食事もこれ。 ハンバーグの下に、もやしが敷いてあるのに感動したのを覚えています。 シマイロさんのほかのメニュー…

ベートーヴェン:ピアノソナタ第30番ホ長調作品109

Beethoven: Sonata No. 30 Op. 109 - I / Glenn Gould さきに紹介したブラームスの間奏曲を聴いてから、この曲を聴くと、 ブラームスが、ベートーヴェンに強い影響を受けていることがわかると思います。 そして、ここにあるのも「諦観」・・・。 グールドは…

ブラームス:間奏曲ロ短調作品119-1

Brahms: Intermezzo op. 119 n.1 (Glenn Gould) ブラームス最後の間奏曲集の第1曲。 クララ・シューマンは、この曲を評して 「灰色の真珠、曇ってはいるが、大切なもの」 と言ったと伝えられていますが、 わたしの頭に浮かんだのは、松尾芭蕉の 「旅に病ん…

カントリーロード

H264_ カントリーロード TAKE ME HOME, COUNTRY ROADS / Olivia Newton-John カントリーというジャンルは、なぜか、妙な懐かしさがあって、ときどき聞きたくなります。なかでも、この「カントリー・ロード」は、すごくシンプルなぶん、郷愁がさらにかき立て…

LINDBERG Ⅸ

なんとなくYouTubeを見ていて、偶然、懐かしい曲に出会いました。 every little thing every precious thing LINDBERGのevery little thing, every precious thing。LINDBERG Ⅸの収録曲です。 どんなジャンルでも、1つのスタイルを究めていくと、これ以上は…

トッカータとフーガニ短調

トッカータとフーガニ短調と言えば、猫でも知っているJ.S.バッハの名曲。この出だしを聞いたことがない人って、ほぼいないでしょう。 Toccata and Fugue in D Minor (Best Version Ever) こんな動機を思いつくなんて、バッハはやっぱり天才!と思っていた…

ファイト!

金曜日の忘年会のあと、カラオケに連れていかれ、無理やり数曲歌わされました。と言っても、最近の歌はまったく知らないので、歌ったのはハマショーさんとか古い歌ばかりですが...。でも、歌っているうちに、妙にノスタルジックな気分になってしまって、…