読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南風が描いた夏

f:id:aDayBeforeTommorow:20160808153006j:plain:w400
おひるごはんが、ちょっと遅くなってしまったので、せぶんいれぶんで、サンドイチ(さいきん、3度に1度はこれなので、ちいさい「ツ」は省略)でもいいか、と思って、自転車を走らせていたら、みぎめの視界のかたすみに、Cafe NAUPU の文字が見えた。そうだ、サンドイチなら、ここにもある!、と、熱風でなにも考えられなくなっていたわたしは、パブロフのねこのような条件反射で、路肩に自転車をとめ、気がついたらもう、窓辺の席にすわっていた(^^ゞ。さて、トマトとすきやきのサンドイチも、もちろん当たりだったけど、いちばんの当たりは、この、窓ごしの通りの景色。もーね、モネみたい。この、ひょうめんが波うってるガラスほしいなあ。